--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠くの空の月はもう 眠たそうで
かすかに流れる誰かの唄と夜だけもてあましたまま
朝になろうとしてるのに まだ眠れないよ
それは淋しいからじゃなくて 君の寝顔まだ見ていたいから

短いkissなら近すぎる方がいい
心地良く息が触れ合うくらい 近くにおいで

君の夢を聞かせて... 誰にも言わないよ
恥しがらずにそっと教えて...
もし君が恐い夢の中で 迷子になって泣いてたら
kissで涙をふいて どこにいても 迎えにいくよ

手初めに君の声から好きになって...今じゃ
気の強さも すねた顔も 嫌いなとこふくめて全部好き

「ねぇ・・。」じゃなくて 僕の名前を呼んでみて
その瞳は罪だから 僕の腕の中に閉じこめる

君の夢を聞かせて 誰にも言わないよ
恥しがらずにそっと教えて
近い未来の夢を見て 二人が結ばれていたなら
それはきっと夢じゃないから もうそばにいるよ

朝焼けみたいな こんな気持ち忘れていた
君と出会えたから 素直になれるよ
目に見えない天使 今なら信じられるかも
気まぐれじゃないから 今はじらしたりしないで...

君の夢を聞かせて... 誰にも言わないよ
恥しがらずにそっと教えて...
もし君が恐い夢の中で 迷子になって泣いてたら
kissで涙をふいて どこにいても 迎えにいくよ
近い未来の夢を見て 二人が結ばれていたなら
それはきっと夢じゃないから もうそばにいるよ

夜が来ても ここにいるから... 次の朝も二人で待とう




20100712_1682463.jpg







Janne Da Arc - Heaven's Place

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。