--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/12/2010    シンデレラ
hj.jpg




正式なパーティ用の靴を買ってきました♪










シンデレラのお話って、有名ですよね♪



一般に知られているシンデレラは子供向けのパッピーエンドのお話ですが。



グリム童話でのシンデレラはシャルル・ペローの影響を受けて、



ちょっと血生臭いものなのですよ。







グリム童話での「シンデレラ」は「灰かぶり姫」と称され、



大体のあらすじを紹介しますと、






あるところに美男美女の夫婦がいました。

可愛らしい女の子が生まれ、

3人はとても幸せにくらしていましたが、

ある日突然妻が病気になって、死んでしまいました。


中(略:舞踏会の暇ではだいたい同じ><)


可愛そうなシンデレらに美しいドレスと靴を持ってきたのは、

母親のお墓の傍の木に来る小鳥でした。


シンデレラが靴を階段に残したのは偶然脱げたのではなく

王子があらかじめピッチを塗って靴が絡め取られたからでした^-^;


王子が靴を頼りにシンデレラを探す。

そこで意地悪な姉2人は、クツに合うように自分の踵やつま先を切り落とす。

女王様になったら、足で歩く必要がなくなるって、母親に言われたからね。

王子は、本物の妃だと思い、連れて帰るが、途中でお墓の小鳥に見抜かれる。

「お靴は血で染まってる♪」ってね。

そして最後にシンデレラが本当の妃だと分かり、結婚する。

シンデレラの結婚式で姉2人はへつらって両脇に座るが、

シンデレラの両肩に止まった白鳩に復讐として芽を潰される。


END









こういった感じで、だいたの童話には教訓があるものなのです。














個人的にRIPの中で一番好きな曲。



Rip Slyme - Blow (ブロウ) PV









溢れるヴァイブスとこぼれるイメージとありったけの愛で

ありふれる退屈と思わぬ憂いを さぁ 明日へと吹き飛ばして

溢れるソウルとこぼれるジョークとありったけの声で

ありふれる刺激と思わぬ悲劇を

さぁ 明日へと吹き飛ばしていけ♪








Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。